TOPページへ お店紹介 チューニングプランの紹介 オリジナルパーツの紹介 チューニングカーの紹介 いままであったご質問の紹介 イベント情報 LINK

CEDRIC
HY33


ニッサン セドリック HY33
ストリート仕様
タービン: CS-TOP T618Z
インタークーラー: APEXi 前置き
ブーストコントローラー: BLITZ SBC i-D
マフラー: 柿本改
コンピューター: CS-TOP
エアフィルター: BLITZ SUS パワークリーナー
ブレーキ: brembo キャリパー
樹脂 & セラミックの純正タービンの寿命 ? ( タービンブロー ) により、T618Z タービンキットを装着しました。
ブーストアップ仕様で無理をさせないで走行していても、純正タービンですと耐久性が落ちてしまってタービンブローを経験した方も多いのではないでしょうか ? いままではオーバーホールもしくは新品交換しか選択が無かったのですが、タービンキットを選択肢に追加してみては...
このセドリックは、シーマより車重が軽いことと現車あわせのセッティングということもあり、パワークリーナーを装着していても低速トルクの落ち込み感が少なく高回転までスムーズに吹けあがるようになりました。街乗りから高速走行までストレス無く扱えるようになり、まさにグランツーリスモの名前にピッタリの仕上がりです。

クルマ紹介のページへ戻る