TOPページへ お店紹介 チューニングプランの紹介 オリジナルパーツの紹介 チューニングカーの紹介 いままであったご質問の紹介 イベント情報 LINK

SUPRA
JZA80


トヨタ スープラ JZA80
輸出タービン ストリート仕様
タービン: 輸出用タービン T12B
エアクリーナ: HKS パワーフロー
ブーストコントローラー: TRUST PRofec BspecII
コンピュータ: HKS F-CON Vpro
インタークーラー: ARC STDタイプ
ブローオフ: TRUST タイプS
マフラー: HKS ハイパワー
フューエルポンプ: ニスモ GT-R用
サスペンション: オーリンズ 車高調整式
2JZGT用のパーツは、日産系では良くあるポン付けタービン的な設定が少なく、ブーストアップでは物足りないけれども、フルタービンまでは必要を感じていないみなさんも多かったことだと思います。
この輸出用タービンは、サイズが大きすぎないためシーケンシャル機能をそのまま使っても、プライマリーとセカンダリータービンが切り替わるポイントの段付きが大きくならず、高回転では国内仕様よりもパワーが出ます。更にメタルブレードになっていますので、国内仕様のセラミックに比べ過給圧に対する耐久性が向上していますので、ブーストアップ時タービントラブルの可能性はかなり少なくなります。
この車両はMAXパワーを求めるのではなく、レスポンス良く反応するクルマを目指し、インタークーラーは純正交換タイプを選び、パイピングは全てアルミ製に変更する方法を取りました。アクセルにすぐクルマが答えてくれる感じで、非常に気持ちのいい仕様に仕上がりました。

クルマ紹介のページへ戻る